2009年09月24日

秋の野草レシピ(2009.9/24~10/9)

この時季でも採れるイノコヅチとフューナ。
醤油漬けや味噌和えにして、毎日少しずつたべましょう。
酢の物や梅和えで、夏の疲れを癒すメニューも入っていますひらめき


  一の皿
  イノコヅチとひじきのだし醤油漬け⇒イノコヅチを野草図鑑でチェック
  フューナの辛子酢みそ和え⇒フューナを野草図鑑でチェック
  古代蓮根のきんぴら
  津堅島もずくの酢の物(自家製かぼす酢で)
  きゅうりのみそ炒め

  二の皿
  薬味みそ
  おくらの梅肉和え
  大根葉の炒めもの

  メイン皿
  たかきびのピーマン詰め
   焼きトマトを添えて

  飯椀
  キビアワご飯

  甘味
  甘酒アイス



以下、ばあちゃんのレシピです(*^-^*)

一の皿

イノコヅチとひじきのだし醤油漬け

【材料】長ひじき、野草、だし醤油

@長ひじきを軽く茹で、食べやすい長さに切る
Aだし醤油に漬ける
B食べる直前に醤油洗いした野草をだし醤油に漬けてひじきと合わせる
※だし醤油:かんかんに熱くした土鍋にみりんを入れて煮きる→濃口と薄口醤油を沸かしたものを加え一度沸騰させる→昆布だしを加え沸かす→椎茸だしを加え沸かす

今食べられる野草と、海の野草との良い組み合わせ。だし醤油は作っておくと便利だから、覚えてね。

フューナの辛子酢みそ和え

【材料】野草、白みそ、煮切り酢、薄口醤油、和辛子

@野草以外の材料を合わせる
A醤油洗いした野草を加える

冬には、酢味噌はほとんど使わないが、肝臓が弱っている人は、身体がすっきりする欲しくなる味。

古代蓮根のきんぴら

【材料】古代蓮根、ごま油、鷹の爪

@熱したフライパンにごま油と小口切りにした鷹の爪を入れる
A半月切りした蓮根を入れていためる
B濃口と薄口醤油で調味する(お好みでみりんを少し加えても)

花粉が飛ぶ季節、あまった節の部分も擂りおろして煎じて飲むとアレルギー対策になるよ。

津堅島もずくの酢の物(自家製かぼす酢で)

【材料】もずく、かぼす酢

@もずくは軽く塩抜きし、食べやすい長さに切る
Aかぼす酢と和える
※かぼす酢:かぼすの絞り汁、煮切りみりん、薄口醤油、濃口醤油を合わせる。かぼす以外のかんきつ類でもよい。

私が大分から持ってきた無農薬のカボスで作ったポン酢だよ。もずくとこれだけで旨いよ。

きゅうりのみそ炒め

【材料】きゅうり、ごま油、味噌

@熱した土鍋にごま油をいれ、乱切りしたきゅうりを加えて軽く炒める
Aきゅうりの上にみそをのせて蓋をし、蒸し煮する(お好みで鷹の爪を加えても良い)

大きく育った胡瓜によくあう料理。陰性の夏野菜は、陽性の味噌で料理するといいのよ。

二の皿

薬味みそ

【材料】ネギ、シソ葉、生姜、ゴマ油、味噌

@ネギ、生姜、シソ葉みじんぎりにする
A鉄のフライパンを良く熱し、ごま油でネギ、生姜、シソの順で炒める。
Bここに味噌を2種か3種入れて混ぜ合わせる
C最後にごま油を少し垂らす。

薬味は肉食、魚食をする人は、たくさん食べてね。毒消しになるから。味噌は電磁波で弱っている身体にとても良いので毎日食べてね

おくらの梅肉和え

【材料】おくら、梅干し、煮きりみりん、濃口、薄口

@おくらは塩を入れた湯でさっと茹で、小口切りしかき混ぜて粘りをだす
A種をとった梅干しを叩き、調味料を加えて和え衣を作る
(すり鉢ですると口当りが滑らかに仕上がる)
Bオクラと和える

梅干しは毎日食べてね。梅肉和えは、梅干しの食べ易い食べ方かも。

大根葉の炒めもの

【材料】大根の葉、ごま油、生姜、鷹の爪、濃口、薄口

@大根の葉は食べ易い大きさに切る
A熱したフライパンに油を入れ、みじん切りにした生姜と鷹の爪を加え、炒める
B大根の葉を加え、炒める
C醤油を加え、味を調える(お好みで酒を加えてもよい)

これから出てくる間引きの大根葉は、大切は青物。

三の皿

たかきびのピーマン詰め
焼きトマトを添えて

【材料】炊いたたかきび、ピーマン、玉ねぎ、人参、ゴマ油、塩、みそ、濃口、薄口、地粉

@ピーマン以外の野菜をミジン切りにし、ごま油で炒めて塩で調味する
A炊いたたかきびと野菜を合わせ、調味料を加え混ぜ合わせる
(好みでケチャップなど入れてもよい。まとまりが悪ければ少し地粉を加える)
B半割りにして種をとったピーマンに詰める
(小ぶりなら袋詰めする)
C熱したフライパンで焼く

ピーマンは、陰性の夏野菜だけれど、雑穀のたかきびが陽性なのでよい組み合わせよ。

飯椀

キビアワご飯

【材料】白米、キビ、アワ

@お米の洗い方はざっと2回ほどで、洗い過ぎないように。
Aキビやアワの雑穀は目の細かいザルとボールで良く洗うように。
B雑穀1割くらいで炊き上げる。

キビやアワのような黄色の雑穀は、弱っている肝臓にとてもよいのよ。

甘味

6_desert.jpg

甘酒アイス

【材料】甘酒、水、胡麻ペースト、リンゴジュース

@甘酒、水とゴマペーストをミキサーで混ぜ合わせる
Aアイスクリーマーに入れて冷やし固める
(リンゴ味の場合は甘酒、リンゴジュースをミキサーで混ぜ合わせる)

砂糖を使わない無添加の甘酒で作ったリンゴの2種。発酵の甘さが優しいし、腸にも良いのよ。




※ばあちゃんの台所でお召し上がりいただくと差し上げているレシピです。
下の画像をクリックすると、大きくなって、読むことができます。
recipe2_1.JPGrecipe2_2.JPG
印刷用にはこちらからダウンロードもできますよ!


posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

貴重品扱いされる山野草の復活を

昭和十年代においては山野草がいたるところで採取されて
食卓に盛られておったそうです。

終戦後、化学肥料・農薬が多く使用されるようになり
人体にも悪影響を及ぼし子孫に不?者を生み出してきました。

貴重品扱いされる山野草の復活に努力されることを
ご期待申し上げます。

9/11 ご来店 N様
posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | お客様からの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野草が食べやすくなつかしい味でした

今日はありがとうございました。
美味しくいただきました。

野草が小松菜と合わせることで食べやすく、
なつかしい味で楽しくいただきました。

いただいたレシピでトライしてみようと
思います。

9/11 ご来店S.H様
posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | お客様からの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

レシピがとても嬉しかったです。家でもやってみます!

野草の薬膳と聞いたイメージで“素朴・薄味?”という様に
思っていたけれど、味がしっかりしていて老若男女問わず万人受け
しそうなおいしい味だと思いました。
量もちょうどよく過不足ありません。

少しづつ楽しめるので、おしゃれな感じもしますし
めりはりある色々な味がぜいたくで心豊かになる食卓といった風で
大好きです。

レシピがとても嬉しかったです。家でもやってみます!

個人差のある好みの話ですが、私はもう少し塩味が薄いほうが
食べやすいと感じました。

食材の写真があり、とても良いなと思いました。
そうなると欲が出て本物の鉢植えあると良いなとも・・・

日本の土地で自然に生きていける日本草(!?)と
日本人、和種で幸せな日本の胃袋を守って生きたいものです。
危機感をもって豊かな草の食事をゆったりと楽しませて
いただきました。



9/10 ご来店女性
posted by w-baachan at 14:54| Comment(0) | お客様からの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フユーナとイノコヅチ

若杉ばあちゃんの台所が9/11にオープンしました。オープンの時の献立に使われている野草は2種類。榛名自給自足農園に自生するフユーナを味噌和えに、イノコヅチを海苔で磯辺和えにしました。


inokozuchi.jpg イノコヅチ

fuyuuna.jpgフユーナ
posted by w-baachan at 02:08| Comment(0) | 野草の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味のある料理ばかりで身体が落ち着きました

お腹がいっぱいです。

知らないと思っていましたが、野草は意外に身近なもので
あった事を食べているうちに思い出しました。
味のある料理ばかりで身体が落ち着きました。
ゆっくりと食べられたことも良かったです。
器も良かったです。

(子供の頃に食べた味はいずれ思い出すそうですね。
子供にも食べて欲しい味です。)

店内は木の色がとても目に優しく
若杉ばあちゃんを始めここに関わった人たちのことを
想うにいい空間でした。

1点、雑誌のラックがちらちらと目に飛び込み
気になったのは少し残念です。

料理の量が少し多いように感じました。
メインの量を選べても面白いかもしれません。


posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | お客様からの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身体に優しいものを食べたという自信のようなものを得た

戦中、戦後育ちの田舎者、山菜採りはよくやったが
野草の関心はあまりなかった。
しかし10年ほど前にグルメの雑誌で野草のことを連載したおり
本を買って勉強したこともあり、知識はあった。

今日実際に野草料理を賞味し
日本料理本来の薬材の味が大切にされるように
それぞれの野草が調味料の中で本来の味をほんのりと
舌の上に残してくれるのには驚いた。
油脂と調味料、ソースの味を食べる西洋料理と違い
今日は昔ながらの日本の味を堪能し、
身体に優しいものを食べたという自信のようなものを得た。
また、こういう味を守り、後世に伝えている貴店の志に心を
うたれました。

9/10 ご来店S.Bさん
posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | お客様からの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

残暑にさっぱり!レシピ(2009.9/9~9/18)

酢の物や梅和えでさっぱりと、夏の疲れを飛ばすメニューです手(チョキ)
古代蓮根のはさみ揚げは、真ん中に挟むもちきびが、とろ〜り美味しい
一品です揺れるハート

  一の皿
  イノコヅチとひじきのだし醤油漬け⇒イノコヅチを野草図鑑でチェック
  フューナの辛子酢みそ和え⇒フューナを野草図鑑でチェック
  古代蓮根のきんぴら
  津堅島もずくの酢の物(自家製かぼす酢で)
  きゅうりのみそ炒め
  
  二の皿
  薬味みそ
  おくらの梅肉和え
  大根葉の炒めもの

  メイン皿
  古代蓮根のはさみ揚げ

  飯椀
  十穀ご飯

  甘味
  甘酒アイス



以下、ばあちゃんのレシピです(*^-^*)

一の皿

イノコヅチとひじきのだし醤油漬け

【材料】長ひじき、野草、だし醤油

@長ひじきを軽く茹で、食べやすい長さに切る
Aだし醤油に漬ける
B食べる直前に醤油洗いした野草をだし醤油に漬けてひじきと合わせる
※だし醤油:かんかんに熱くした土鍋にみりんを入れて煮きる→濃口と薄口醤油を沸かしたものを加え一度沸騰させる→昆布だしを加え沸かす→椎茸だしを加え沸かす

今食べられる野草と、海の野草との良い組み合わせ。だし醤油は作っておくと便利だから、覚えてね。

フューナの辛子酢みそ和え

【材料】野草、白みそ、煮切り酢、薄口醤油、和辛子

@野草以外の材料を合わせる
A醤油洗いした野草を加える

冬には、酢味噌はほとんど使わないが、肝臓が弱っている人は、身体がすっきりする欲しくなる味。

古代蓮根のきんぴら

【材料】古代蓮根、ごま油、鷹の爪

@熱したフライパンにごま油と小口切りにした鷹の爪を入れる
A半月切りした蓮根を入れていためる
B濃口と薄口醤油で調味する(お好みでみりんを少し加えても

花粉が飛ぶ季節、あまった節の部分も擂りおろして煎じて飲むとアレルギー対策になるよ。

津堅島もずくの酢の物(自家製かぼす酢で)

【材料】もずく、かぼす酢

@もずくは軽く塩抜きし、食べやすい長さに切る
Aかぼす酢と和える
※かぼす酢:かぼすの絞り汁、煮切りみりん、薄口醤油、濃口醤油を合わせる。かぼす以外のかんきつ類でもよい。

私が大分から持ってきた無農薬のカボスで作ったポン酢だよ。もずくとこれだけで旨いよ。

きゅうりのみそ炒め

【材料】きゅうり、ごま油、味噌

@熱した土鍋にごま油をいれ、乱切りしたきゅうりを加えて軽く炒める
Aきゅうりの上にみそをのせて蓋をし、蒸し煮する(お好みで鷹の爪を加えても良い)

大きく育った胡瓜によくあう料理。陰性の夏野菜は、陽性の味噌で料理するといいのよ。

二の皿

薬味みそ

【材料】ネギ、シソ葉、生姜、ゴマ油、味噌

@ネギ、生姜、シソ葉みじんぎりにする
A鉄のフライパンを良く熱し、ごま油でネギ、生姜、シソの順で炒める。
Bここに味噌を2種か3種入れて混ぜ合わせる
C最後にごま油を少し垂らす。

薬味は肉食、魚食をする人は、たくさん食べてね。毒消しになるから。味噌は電磁波で弱っている身体にとても良いので毎日食べてね

おくらの梅肉和え

【材料】おくら、梅干し、煮きりみりん、濃口、薄口

@おくらは塩を入れた湯でさっと茹で、小口切りしかき混ぜて粘りをだす
A種をとった梅干しを叩き、調味料を加えて和え衣を作る
(すり鉢ですると口当りが滑らかに仕上がる)
Bオクラと和える

梅干しは毎日食べてね。梅肉和えは、梅干しの食べ易い食べ方かも。

大根葉の炒めもの

【材料】大根の葉、ごま油、生姜、鷹の爪、濃口、薄口

@大根の葉は食べ易い大きさに切る
A熱したフライパンに油を入れ、みじん切りにした生姜と鷹の爪を加え、炒める
B大根の葉を加え、炒める
C醤油を加え、味を調える(お好みで酒を加えてもよい)

これから出てくる間引きの大根葉は、大切な青物。

三の皿

古代レンコンのはさみ揚げ

【材料】炊いたもちきび、レンコン、玉ねぎ、人参、揚げ油、塩、、濃口、薄口、地粉、パン粉

@炊いたもちきびに、みじん切りにした人参、玉ねぎ、塩少々を加え混ぜ合わせる。
A5mmほどにスライスしたレンコンで@を適量はさむ。
B水溶き小麦粉、パン粉の順にくぐらせ衣をつける。
C170℃くらいの中温でキツネ色になるまで揚げる。
(塩、大根おろしなどお好みでどうぞ!)

陽性の雑穀であるキビをはさんでいるから、体を温めてくれるわ。
揚げ物には、消化を助けてくれる大根おろしと一緒に食べるのがおすすめよ。

飯椀


6_gohan.jpg

十穀ご飯

【材料】白米、十穀米

@お米の洗い方はざっと2回ほどで、洗い過ぎないように。
A十穀米は目の細かいザルとボールで良く洗うように
B雑穀1割くらいで炊き上げる。

キビやアワのような黄色の雑穀は、弱っている肝臓にとてもよいのよ。

甘味

6_desert.jpg

甘酒アイス

【材料】甘酒、水、胡麻ペースト、リンゴジュース

@甘酒、水とゴマペーストをミキサーで混ぜ合わせる
Aアイスクリーマーに入れて冷やし固める
(リンゴ味の場合は甘酒、リンゴジュースをミキサーで混ぜ合わせる)

砂糖を使わない無添加の甘酒で作ったリンゴの2種。発酵の甘さが優しいし、腸にも良いのよ。




※ばあちゃんの台所でお召し上がりいただくと差し上げているレシピです。
下の画像をクリックすると、大きくなって、読むことができます。
recipe1_1.JPGrecipe1_2.JPG
印刷用にはこちらからダウンロードもできますよ!



posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一口一口かみしめて食べさせていただきました

量・味・盛り付け すべて満足です。
それで金3000円はお安いです!
今後も値段すえおきで続けて頂けたら
大変大変ありがたいです!
お品書きもいいですね。
ひとくちひとくち噛み締めて食べさせて頂きました。
また、お店の方の対応がキビキビしていたのも
良かったです。
欲を言えば農業のことや環境のことなどの資料も
あるとうれしいです。
大地の恵み、多くの命に感謝。

9/9ご来店 S.Rさん
posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | お客様からの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

野草図鑑:ヨモギ

かわいいヨモギ(蓬)
yasou_yomogi.jpg
≪場所≫
畦や草地などに生える。
≪時期≫
3〜6月
≪食べ方≫
塩茹でしてから味噌汁やヨモギ豆腐に。新芽を過ぎる5〜6月はクヌギの灰で茹でる。
≪効用≫
造血、浄血作用がある。
≪料理例≫
よもぎ豆腐、若草団子
≪ばあちゃんより一言≫

ヨモギは野草の中でも毎日食べても良い野草。浄血・増血の働きがあるんだよ。食べ続けたら体温から変わってくるよ。


※野草とのお付き合いを始める前に、必ずこちらをお読みください。

posted by w-baachan at 05:02| Comment(0) | 野草の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野草図鑑:ユキノシタ

かわいいユキノシタ(雪下)
yasou_yukinoshita.jpg
≪場所≫
湿った場所、庭の日陰や池のそば
≪時期≫
一年中
≪食べ方≫
そのまま衣をつけて天ぷらに。または刻んで汁の実にも。
≪効用≫
生の葉を揉んで、火傷や腫れものに貼り付けると効果あり。
≪ばあちゃんより一言≫

肉厚の葉が天ぷらにすると、とっても美味しいんよ。


※野草とのお付き合いを始める前に、必ずこちらをお読みください。

posted by w-baachan at 05:01| Comment(0) | 野草の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野草図鑑:マコモ

かわいいマコモ(真菰)
yasou_makomo.jpg
≪場所≫
沼や川、田んぼの水路などの水際のいたるところに自生する多年草です。
≪時期≫
9月〜11月
≪食べ方≫
秋に肥大化してできる「マコモダケ」といわれる茎の部分を料理に使います。アクがなく生でも食べられますが、油との相性が良く天ぷらや炒め物、和え物、炊き込みご飯にすると美味しく頂けます。葉の部分は乾燥させてお茶にして飲みます。
≪効用≫
マコモダケにつく黒い斑点は黒穂菌とよばれ、すぐれた体内浄化作用があり、有害物質を体外に排出する効果を持ちます。
≪料理例≫
マコモの時雨味噌マコモタケと旬の揚げ野菜の甘酢あんかけマコモタケの塩炒め塩蒸しマコモの南蛮漬けマコモ餃子、マコモタケのしその実醤油炒め
≪ばあちゃんより一言≫

タケノコのような味で甘みがあり、さくさくした歯ごたえがやみつきになるよ。


※野草とのお付き合いを始める前に、必ずこちらをお読みください。


posted by w-baachan at 05:00| Comment(0) | 野草の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。