2010年07月31日

7月のメニューより、お料理&レシピのご紹介♪

7月は新玉葱と夏野菜を使ったお料理!



先日、宇都宮の農家さんより、沢山の新玉葱が届きました。
生で食べてもとっても甘くて、蒸し煮にするとさらに甘味が増すうえに、とろとろの食感がたまりません。
ズッキーニやきゅうりなど、夏野菜を使ったお料理も登場します。




■季節野菜の蒸し煮 高きびソースがけ


100701menu.jpg

(2010/7/1)



じっくり時間をかけて蒸した玉ねぎやズッキーニの自然な甘みにトマト風味の高きびのソースがからんで、 なんともやさしい味に仕上がりました。





かわいいばあちゃんより・・・
蒸し暑い時期にもさっぱりと食べられるよ。




■本日のごちそうコース


100709menu.jpg

(2010/7/9)



≪メニュー内容≫
■一の皿
胡瓜の中国即席漬け
イヌビユの磯辺和え
イノコヅチの胡麻ペースト和え
ベニハナボロギクの酢味噌和え
タデ酢

■二 の皿
ふき味噌
新玉葱の梅和え
切干し大根のハリハリ漬け

■主皿
地豆のハンバーグ

■甘味
甘酒アイス




■ニラと板麩の醤油炒め


100715recipe1.jpg

(2010/7/15)
【材料】ニラ、板麩、玉葱、ごま油、醤油、酒、水



≪作り方≫
@板麩は水につけてもどした後、醤油と酒、水で割った付けだれに漬けておく。
Aニラは一口大に、玉葱はくし切りにしておく。
B熱したフライパンにごま油をひき、玉葱、板麩、ニラの順に炒め、
最後に醤油で味をつける。



かわいいばあちゃんより・・・
ニラをふんだんに使った一品。
ニラの食感と、板麩にしっかりとしみこんだ味で、ご飯がすすむよ。




■茄子とししとうの煮浸し


100715recipe2.jpg

(2010/7/15)
【材料】茄子、ししとう、味醂、味噌、水菜、胡麻、胡麻油



≪作り方≫
@茄子は厚めの半月切りにして、塩を振っておく。
A熱した鍋に胡麻油をひき、茄子、ししとうの順に炒める。
Bひたひたに水を入れて煮る。
C味噌を味醂で溶いたものを鍋に回し入れ、蓋をして煮込む。
D蓋を取り汁気を飛ばし、火を止めて刻んだ水菜と胡麻を混ぜ合わせる。



かわいいばあちゃんより・・・
茄子がたっぷりと味噌の出汁を吸って、口に入れるとじゅわっと出汁が広がるよ。
ししとうも茄子と絡んで、相性ぴったり!
お好みで水菜を散らしてもきれいだよ〜




■茄子のこんねり


100729recipe1.jpg

(2010/7/29)
【材料】茄子、醤油、小麦粉、水、胡麻油



≪作り方≫
@茄子を厚めの千切りにする。
A熱したフライパンに胡麻油をひき、茄子を炒める。
B小麦粉を水で溶いておく。
C茄子に火が通ったら醤油を回し入れ、水溶き小麦粉を入れ、とろみをつける。



かわいいばあちゃんより・・・
茄子の美味しい季節!
茄子を使ったお料理は色々あるけど、「茄子のこんねり」はスタッフの間でも大好評の一品だよ。




■素麺かぼちゃとおかひじきのサラダ


100729recipe2.jpg

(2010/7/29)
【材料】素麺かぼちゃ、おかひじき、豆乳マヨネーズ、マスタード、醤油、塩、胡椒



≪作り方≫
@素麺かぼちゃ、おかひじきは茹でておく。
A調味料を混ぜ、@と合わせる。



かわいいばあちゃんより・・・
素麺かぼちゃは、茹でると素麺のように実がほぐれる南瓜なんだよ。
黄金色の南瓜に、緑が綺麗なおかひじきを合わせたサラダ。





posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

土用干しをしました

先日お店で仕込んだ、梅干しの土用干しを行いました晴れ
しっかりと梅酢が上がって天日に干される日を
待っていた梅たちぴかぴか(新しい)
あとは樽に戻して熟成するのを待つのみです。
美味しい梅干しを頂ける日が待ち遠しいですわーい(嬉しい顔)

ume-doyoboshi.jpg


posted by w-baachan at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

夏の野草料理教室に行ってきました

こんにちは。台所スタッフの増田ですわーい(嬉しい顔)
毎日暑い日が続きますが、夏も野草は元気です!
先日、夏の野草料理教室が台所と茂木で行われましたかわいい
そして茂木では恒例の草摘みから皆で行い、夏野菜の胡瓜や茄子を使った
料理を若杉ばあちゃんに教えてもらいました。
今日はその教室の様子をご紹介致しますグッド(上向き矢印)

今回茂木で摘んだ野草は

イヌビユ
群生に出会いました。まるでイヌビユ畑です。

イヌビユ.JPG

kusatsumi_500.jpg



タデ

tade_500.jpg

魚の毒消しになるそうで、酢で和えて頂きます。


ハコベ

hakobe_500.jpg

花が咲くともう食べませんが、干して炭にして
塩を混ぜたもので歯を磨くと、歯の病に効くそうですひらめき


ドクダミ

dokudami_500.jpg

良くお茶にして飲まれていますが、体を冷やす効果が強いため
肉食をしていない人が飲むと身体を冷やしすぎてしまうそう。


何でも自分の身体に合ったものを摂り入れるのが大事。
「何でも摂れば良いってものじゃないよ〜」とばあちゃんは言います。


さあ草を持ち帰ったらさっそく料理開始ですexclamation

ryori_500.jpg

いつものごとく豪快に、でも的確な段取りで野草の茹で方、
アク抜き、炒め方、和え方を話ながら、ばあちゃんはどんどん
料理を作っていきます。
あっという間に、こんなに沢山のお料理が完成しましたるんるん

kansei_500.jpg

茄子のこんねり、たで酢、胡瓜の中華風即席漬け、胡瓜と玉葱の酢のもの
カンゾウの蕾の酢味噌和え、ワカメとイノコヅチの白和え、イヌビユの磯辺和え、イヌビユの味噌汁

夏らしいさっぱりした味付けで、どれもとっても美味しかったですハートたち(複数ハート)


さて今回私はみなさんより一足お先に現地入りし、
ばあちゃんと一緒に黒焼き玄米と梅干の黒焼きをしてきました。

黒焼き玄米はもみ殻つきのお米を、2時間ほど炒り続けます。

お米から油が出て真っ黒になったら出来上がり!

kuroyakigenmai_500.jpg

お米の香ばしく甘〜い香りがしばらく手に残り
香りを嗅ぐととっても幸せな気分でした黒ハート


梅干しの方はなんと24時間火にかけます。
前日からはじめて、翌日の野草料理教室の時に
皆で出来上がりを見ることができました。
土鍋のふたをとってみると、梅干しが炭状態に。

umekusoyaki_500.jpg

頭痛、腹痛、夏バテなど、どんな時にも使える特効薬です。
手間と時間のかかる黒焼きですが、それだけ身体に作用する
力も大きいのだな〜と作ってみて改めて実感しました。
とても良い経験をさせてもらいました。
若杉ばあちゃん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

posted by w-baachan at 12:36| Comment(0) | 自給自足くらぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

ホシノシズク

昨日はお店で若杉ばあちゃんの野草料理教室を行いました!

写真は「ホシノシズク」という野草。

鈴木店長が今一番お気に入りの野草です黒ハート
紫色の小さいかわいい花が印象的な草ですが、
食べるのは葉っぱの部分。
肉厚でくせもあまりなくおいしいんですよ〜。
画像がいまいちですいません〜。


100702_1710~01.jpg

ホシノシズクは白和えにしていただきました。

本日は栃木県茂木で草摘みからの野草料理教室が開催されています!

詳しい報告は、また後日に。お楽しみに〜
posted by w-baachan at 13:12| Comment(0) | 野草の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

米粉スイーツ教室が開かれました♪

今月の台所はイベント盛り沢山手(チョキ)
今回は米粉スイーツ教室のご報告です。
スタッフ増田もスイーツが大好きなので、とっても興味のある講座でしたるんるん
講師にナチュラルフードコーディネーターの近藤由紀子さんをお招きして教えて頂きました。
米粉はいつも美味しいお米を送ってくださる農家、水口さんの米粉を使います。
レシピはマクロビ使用で、卵や乳製品を使わずに作りましたグッド(上向き矢印)
米粉は小麦粉に比べて、さっくりした食感が出にくいうえ、
卵や乳製品を使わないので生地が膨らみにくい様ですが、
小麦粉に比べてグルテン出ないので混ぜやすかったり、
どのお菓子も粉と液体をそれぞれ混ぜてから合わせという同じ手順なので、本当は一般のお菓子より作り方はいたってシンプルexclamation
気をつけるポイントを抑えれば上手に作れるそうですひらめき

P6230142.JPG



そして出来上がったのがこちらの三種ぴかぴか(新しい)


P6230167.JPG

左からコーヒーロールケーキ、キャラメルココアクッキー、ココナッツプリンかわいい

ロールケーキはしっとりしていてさつま芋クリームと相性ピッタリ。
クッキーはハード系で、いずれも噛みしめると口の中にお米の風味が
広がります。お豆がたっぷりのったプリンはなめらかで、やさしい甘さがとっても美味しかったですハートたち(複数ハート)

これなら小麦や乳製品のアレルギーをお持ちの方も、安心して美味しく召し上がって頂けます。
お米を使ったスイーツ教室ー(長音記号2)第二回も予定しています。
詳細が決まりましたらお知らせ致しまするんるん
次回は米粒からつくる和菓子というウワサexclamation&question
どうぞお楽しみにわーい(嬉しい顔)
posted by w-baachan at 11:34| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。