2011年02月26日

麻の話とヘンプ料理を楽しむ会のご報告)^o^(

先日、伊豆大島に在住の麻に詳しい中山康直さんをお招きして
「麻の話とヘンプ料理を楽しむ会」を行いましたかわいい
静岡で麻の栽培をしていたこともある中山さんの
お話はとても興味深いものでした。
麻の栽培は法律で禁止されているため、栽培の許可を取るまでの
苦労話や、麻は神事にも使われており、稲と並んで日本人には欠かせない存在
であること、資材や衣類、食品など多様に使える資源であること、
そして麻の栽培によって汚染された土壌を綺麗にすることができるそうですぴかぴか(新しい)

全てが初めて聞くことばかりで、参加者の皆さんも中山さんのお話しに
聞き入っていらっしゃいました目

ヘンプ料理では麻の実パウダーや麻ナッツ、ヘンプオイルを使って
こちらのお料理をお出ししましたかわいい

ミルク煮.jpg

野菜の麻ナッツ和え、麻ペースト和え、麻パウダーからおからとミルクを作り
それを使った麻おから和えと麻ミルク煮


ハンバーグ.jpg

麻ナッツ入りたかきびハンバーグ


蒸し野菜.jpg

ディップ.jpg

蒸し野菜と麻ナッツ味噌、ヘンプバター、ヘンプオイルに塩を混ぜたディップ


ご飯は麦と麻ナッツを混ぜて炊き込んだ釈迦ご飯に
麻ナッツをふりかけた味噌汁という麻づくし料理でしたるんるん

さらに麻はとても栄養価が高い優れた食品だそうですぴかぴか(新しい)

衣服にも食糧にも、そして資源にもなる優れた植物「麻」を知ることができ、
日本から失われてきた麻文化をもっともっと復活させたいと改めて思いました。


参加者の方の感想レポートはコチラ

posted by w-baachan at 10:48| Comment(0) | 自給自足くらぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

♪♪♪本日の台所料理♪♪♪

本日、初来店の男性サラリーマン7名様がいらっしゃいましたるんるんるんるん
お任せでお出ししたお料の中で、「豆腐チーズ」「菜園風つぶつぶお焼き」をとても気に入って下さり、なんと2品とも「おかわり注文」を頂きましたるんるん

「菜園風つぶつぶお焼き」はごはんを混ぜた生地の上に根菜などの野菜をのせて、
カリッと焼きあげています。
上記の2品、今日は私たちスタッフも賄いで頂きましたぴかぴか(新しい)
ちょっと遊んで、通常お出ししている3倍の厚さで焼いてみたら、まるでピザのよう目exclamation×2
カリッと薄いお焼きとはまた違った食感が楽しめる、どっしりと食べ応えのあるお焼きで
非常に美味exclamation×2
RIMG0527.jpg

通常のお焼きではなく、こちらのボリューミーなちぢみを食べてみたい!
という方はスタッフにお声をおかけ下さいね。

裏メニューとして、お出し致しますよわーい(嬉しい顔)

ご来店、お待ちしておりまするんるんるんるんるんるん

スタッフ 鈴木

posted by w-baachan at 20:08| Comment(0) | 本日の台所料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出汁取り教室の感想レポートです!

先日おなじみ「タイコウさんの出汁取り教室」が行われましたるんるん
今年からは初級編に加えてステップアップ編も開催されますので、
初めての方はまず基本の美味しい出汁の取り方からタイコウさんに教えて頂きましょうひらめき
出汁取り教室では鰹節の現状から基本知識を学び、鰹節の削り方、美味しい鰹出汁の取り方に
出汁比べなども行います。そして鰹節を使った夕食付!

カツ節コロッケ.jpg

こちらはお出ししたうちの一品♪鰹節を贅沢にも衣にして揚げたコロッケですぴかぴか(新しい)

今回教室にご参加頂いた方から感想レポートが届きましたので、
ご紹介させて頂きますひらめき


出汁取り教室参加させて頂き有難う御座いましたお世話様でした。タイコウ様のお話しの一つ々に愕然と致しました。TVや料理本等を参考に今日こそは美味しい出しをとるぞ〜とハリキッてやるも、TVの様にう〜まい〜!このまま頂けますね〜!とはいかなくて、他のだしを加えていましたが!…その原因がタイコウさんのお話しに謎が〜凄い〓凄〜い〓と感動しまくりでした。鰹の味は漁法の段階で既に決まるらしく、一本釣の貴重な漁法、工程の一つ々に謎が隠されていました!日本でただ一人その漁法工程を守っておられる方が宮下まことさんで、それを支えて消費者に提供し続けておられる方がタイコウさんだけとの事でした。だし汁を飲み比べ歴然と致しました。本当にタイコウさんの鰹節美味しくて、何も味付けしないで頂ける正に極上の物でした。タイコウ様そして若杉ばあちゃんの台所様、教室終了後これまた鰹節を使用した数々の美味しい料理を作って下さいましたスタッフの皆様、改めて料理と言うものに氣づきを頂く事が出来ました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました
(K.Sさま)

3月に初級編、そして4月にはステップアップ編が開催されます。
皆様のご参加をお待ちしておりますわーい(嬉しい顔)

3月の出汁取り教室の詳細はコチラ
posted by w-baachan at 13:06| Comment(0) | 自給自足くらぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

竹細工教室のご報告(^○^)

台所スタッフ増田です。
今回は先日お店で開催した竹細工教室の様子をご報告します(^^♪
先週の土曜日、お店で竹細工教室を開催しました晴れ
講師にお招きしたのは、竹工芸作家の松本破風氏ですひらめき
普段はこうした教室を開くことはあまりないそうなのですが、
実は破風先生はうちのスタッフのお父様ということもあり
このイベントが実現しましたるんるん


竹かご作り.JPG

まずは竹籠つくりを見せて頂きましたぴかぴか(新しい)
竹を割るところから始まり刀で角を削ると細くなった竹を編みこんでいき、あっという間に素敵な竹かごが完成しました。その巧みな手の動きに一同見入ってしまいました目
それから竹にまつわるお話も色々と伺いました。
昔の人は竹を切る時には五片の花弁の様に切り、竹やぶに入って来る人が危なくない様に、
そして切り口に水がたまり腐りやすくすることにより、次の新しい竹が生えてくる様に
していたそうです。自然の循環を考え切り方をしていたわけです。
今では竹はただ単に斜めに切り落とす人が多いので、竹やぶに入った時は気をつける様にと話して下さいました。昔の人の自然や他人へのこうした心配りは、受け継いでいきたものですひらめき


そして今回私たちが挑戦したのは竹ブレスレット作りです。
私たちスタッフも挑戦したのですが・・・・

ブレスレットづくり.JPG


途中で竹が割れてしまいましたふらふら
竹がしなる方向にしたがって曲げていけば割れないと教えて頂きましたが、
二回目もヒビが!頑固に違う方向に曲げてしまったみたい。思っていたより難しい!
それでもなんとか完成しましたexclamation

竹ブレスレット.JPG

竹のブレスレットは曲線がとても綺麗で、自然の美しさにうっとりです揺れるハート

今回はお昼ごはんも竹にちなんで、竹で炊いたご飯をご用意しました。
炊き上がったご飯は竹の香りがしてみずみずしく、とっても美味しく出来上がりました。

竹筒ご飯.JPG

お料理も竹の器に盛り付けると、また一段と華やかに!
器は各自お持ち帰り頂きました〜

竹ランチ.JPG


今回は親子でご参加された方もいらして、子供たちは竹のおもちゃ作りに夢中になっていました。
破風先生、それにご参加頂いた方々、どうもありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

(以下、参加された方の感想です。)

F様 女性

『おかげさまで楽しい時間を過ごさせていただき今、帰宅しました。
近所に竹やぶがあり、竹のいろいろを知りたいと思っていましたので、知識がふえました。
ブレスレットもきれいにできました。
後になりましたが、お料理がオイシクテオイシクテ、おなかいっぱいご馳走になり元気になって帰宅しました。
木曜日のお味噌作りも楽しみです。
どうぞよろしくお願いいたします。・。。』



Aちゃん(小3女の子)

【作ったもの】
@ブレスレット
Aぶんぶんコマ
【工夫したこと】
@針金でとめるところをきれいにそろえた
Aまわしやすいように糸の長さを調節した
【むずかしかったところ】
@竹を丸くして、後ろから入れて前に持ってくるとき、竹の強さで元に戻ってしまった
Aコマに糸を通すとき、2本うまくどのように通せはよいのか迷った
【どんなことをしてみたいか】
・子供でも簡単に作れる料理
・昔の遊び、昔のものをつくる
【感想】
ぶんぶんコマは、初めはうまく回らなかったけど、家に帰ってたくさん練習したら
うまく回せるようになってうれしいです。


K君(小1男の子)

【作ったもの】
@ブレスレット
Aぶんぶんコマ
【工夫したこと】
@水につけてやわらかくした
Aかたちをかえたこと、つよくひっぱるとよくまわる
【むずかしかったところ】
@はりがねをきれいにまけなかった
Aはじめまわしかたがよくわからなかった
【どんなことをしてみたいか】
・たけでこまをつくる
【感想】
なんかいもやっていたらよくまわるようになってうれしかった。

posted by w-baachan at 01:51| Comment(0) | 自給自足くらぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

1/30 ヤマキ御用蔵、味噌&醤油見学ツアー♪♪

先日当店で開催された『味噌の話』の会に引き続き、

今回は埼玉県神川町にあるヤマキ御用蔵さんを訪ねました。

もとは埼玉県本庄市にあった蔵を、さらにさらに美味しいものが作りたいと、

水がきれいな環境を求めてこの神川町に移ってきたというから驚きexclamation×2

中に入ると目の前には醤油仕込みに使っていた木樽がドーンと鎮座。

既に80〜90年使用されたもので、質のいい秋田杉のみを使った作られたものらしい。
RIMG0464.jpg

続いて醤油・味噌仕込みの現場を見学させていただきました。

全て秋田杉の木樽が使われ、空調管理で人工的な環境を作り出すのではなく、

その土地の自然な寒暖の気温に任せ、あえて厳しい環境にもさらす。

そうすることでお醤油本来の美味しさ・コクを引き出すそうです。

原料にも当然こだわり有機JAS認定のある地元の農家さんの農産物を使います。

豊作の年も凶作の年も、B級品もC級品も区別なく買い取って使うそうで、

地元の志ある農家を守り育てていくヤマキさんの姿勢は、メダカのがっこう&当店の目指すところにも通じますねるんるんるんるん


今回我々も体験することができましたが、

ヤマキさんでは、簡単な豆腐作り体験やお醤油搾り体験を開催しており、

家族連れや地域の子供たちの食育にも繋げたいとのお話。
RIMG0469.jpgRIMG0471.jpg



ヤマキさんでは味噌や醤油を使った様々な加工品の製造&販売もされていますが、

全て無添加・有機の原料をこだわって使う徹底ぶりにも、驚かされました。

創業以来100年以上、天然醸造の醤油・味噌を作り続け多くの方に愛されてきたヤマキ御用蔵さんの姿勢に、学ばせて頂くことがたくさんあった見学会になりました手(グー)

(以下、参加者様の感想です。)

『1月末の天気の良い日曜日、神川町にある御用蔵ヤマキ醸造見学会に行ってきました。
自車組で現地集合に少し早く着いた我々を開店時間前にも関わらず快く工場脇のお店に招き入れて下さいました。そのお店はとても素敵で喫茶コーナーも充実しており、また訪れたい素敵な場所でした。
森田さんが講師となりお店の2階で豆腐作り体験と醤油絞り体験をしました。森田さんの楽しい解説とともに作った豆腐は大豆の味がそのまま感じられとても甘く美味しかったです。続いて醤油絞りはミニチュア版で説明、実践していただき、あの馥郁たる香り共に味も深く濃く幸せになる時間でした。
 その後、御用蔵を見学し、秋田杉で作った大きな樽が整然と並べられており時間がゆっくりしなやかに流れていく感じでした。時の流れとともに醸されていく醤油は極上な味に違いありません。ヤマキさんは皇室や明治神宮に献上しているそうです。
お昼は敷地内にある紫水庵で豆腐づくし弁当です。工場で作られた出来立てをいただけて大変美味しかったです。料亭の佇まいで季節の花を飾り素敵な設えでした。
店から紫水庵への通り道の周りには有機農園が広がり、夏などはトマト等お客様がつまみながら歩いているそうです。
原料からこだわり、木樽でじっくり熟成させた味噌、醤油をお土産にして心もお腹も満足した1日でした。まだ行かれていない方は是非1度足を運んでください。空気と水が良く、お店も素敵で、食事もスイーツも楽しめて、豆腐作りなど体験でき1日いても飽きない楽しいヤマキさんでした。
最後にヤマキの森田さん、メダカのスタッフの皆様に感謝申し上げます。』

S.A様



posted by w-baachan at 19:13| Comment(0) | 自給自足くらぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。