2010年10月27日

出汁取り教室の感想レポートが届きました♪

10月に行われた出汁取り教室の参加者の方より、
感想レポートが届きましたので、ご紹介しますひらめき


『和洋中に限らず、どの料理にも言える基本は「出汁」「スープ」。
そう教わっていたので、日常的に昆布鰹だしは作っていましたが、結局味がモノ足りず、調味料を加えたり、「体にいい物=味が薄いもの」と勝手に考えていました。。
しかし、タイコウさんのお話を聞いて、終始うなずきっぱなし。どうりで美味しい出汁ができないわけです(内容はお教室で!)

この講座はかつおの出汁を飲み比べる良いチャンスだと思います。なかなかこんな機会ないです。
今回は4種類、(@自分で削った鰹節A袋詰めのかつお節2種、Bスーパーで売られてる鰹節、)いろんなお味を比べることができたのがよりいっそう理解を深めることができました。
タブーと言われている、かつおぶしをギュウギュウ絞ること。でも、本当に良い鰹なら最後の一滴まで(一滴ほど)
うまみが凝縮されている。これも実際に味を確かめさせていただき、納得。
やっぱり、一本釣りされた良い鰹を使った、削り立ての鰹節は、最高でした!
これに調味料足すなんて、もったいない!

そして、削り器が欲しくなります。。タイコウさん曰く「最初から衝動買いしないほうがいいよ」と。
そうですね、「削るのはちょっと自信ない・・」というかたは、まずは、良い品質の鰹けずり節から、ぜひ試して欲しい。スーパーで売っている鰹節との違いは歴然です。

家に帰って復習を・・と、たいこうさんがご用意してくれた説明用紙を取り出して、びっくり。
なんと、紙にまで鰹の残り香が染みついてます。。
恐るべし、鰹パワー!!

もっとも印象的だったタイコウさんのお言葉
「素材を超える加工方法はない」
素材が命。どんな神業の持ち主でも、素材が悪ければ良い出汁はできない。
同じ手間暇かけて作るなら、圧倒的に美味しいおだしのほうがいいですよね。体にも、心にも。
お教室の後、かつおを使った料理を堪能。かつおぶしを使ったコロッケ、かつおのふりかけ・・
皆で悲鳴に似た歓声をあげながら食べました。美味しかった!タイコウさんも「その声、録音しときたいな」とおっしゃっていました(笑)予定時間をかなりオーバーして終了。
ペットボトルに詰めて持ち帰った出汁を使って、茶わん蒸しを作るのが楽しみ。だし巻き卵もいいかな?

日本が誇るべきかつおぶし、一人での多くのかたに味わってほしいと強く思いました。
タイコウさん、ありがとうございました!』


わーい(嬉しい顔)レポートをお送り頂きましたI.Eさん、ありがとうございました!

◎次回の出汁取り教室の開催予定は、11/17(水)19:00−21:30です。
お申し込みは、お電話、FAX、メール、店頭、メダカのがっこうオンラインショップ
にて承ります。
■TEL・FAX:03-3295-2060
■メール:baachan-daidokoro@hotmail.com
たくさんの方のご参加をお待ちしております。
posted by w-baachan at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。