2011年04月10日

野草料理教室をやりました(*^_^*)

先週の金曜日、お店で今年初の野草料理教室が行われましたひらめき
今回も沢山の方にご参加頂きました!
まずはみんなで野草の下処理から行います。

P4081228.jpg

若杉ばあちゃんに教えてもらいながら堅い茎や混じっている雑草を取り除き、きれいに掃除します。

P4081227.jpg

時間のいる作業もみんなでやればアッという間に終わりますぴかぴか(新しい)

こちらが今回つかった野草です↓

P4081231.jpg


P4081233.jpg


P4081234.jpg


P4081236.jpg


それから、はこべ、たんぽぽの葉、ゆきのした
色々な種類の野草をばあちゃんが持って来てくださいましたひらめき

「しゃく」は私も今回が初体験exclamation
生で食べれるとアクが強い野草ですが、茹でで醤油洗いをすると
あら不思議〜アクもぬけて美味しく食べられます。
それ以外の野草は今回は茹でて水にさらしただけでした。


完成したお料理がこちら↓

P4081239.jpg
のびるの胡麻味噌和え


P4081240.jpg
たんぽぽのキムチ


P4081242.jpg
しゃくの胡麻和え


P4081243.jpg
からすのえんどうの胡麻和え

それから、ゆきのしたの白和え、よもぎのクレープ、ひえのポタージュ、はこべの胡麻和えも作りましたぴかぴか(新しい)


野草は冬に溜まった毒素を排泄してくれて、からだを元気にしてくれます!
からだはそれを知っているのか、野草のわずかな苦味がとても美味しく感じられます。
広島で原爆が投下され一面が焼野原になった時、そこに一番はじめに生えた植物は野草だったそうです。
生命力あふれる野草のパワーをいただいて、元気なからだをつくりましょう!
それからばあちゃんから黒焼きの話を聞きました。
炭はからだを温め放射能に負けないからだを作ってくれるそうです。
梅干し、玄米、昆布、よもぎ、たんぽぽの根...etc 何でも黒焼きにできます。
黒焼きの作り方は若杉ばあちゃんからの伝言をご覧ください。


梅干しは時間がかかりますが、昆布やよもぎ、たんぽぽの根は作りやすいので(いずれも乾燥させたものを炒ります)皆さまも是非ご自宅で作ってみてくださいわーい(嬉しい顔)

posted by w-baachan at 17:43| Comment(0) | 自給自足くらぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。