2010年04月20日

タケノコ堀りに行って来ました

こんにちは。台所スタッフの増田です。
昨日スタッフ皆で千葉の木更津に、タケノコ堀り&野草摘みに
行ってきました晴れ

竹やぶの中に入るといました、いました。

takenoko_500.jpg<

かわいい頭があちらこちらにるんるん

頭を傷つけないようにまず周りを掘っていきます。

takenokohori2_500.jpg


土の中は竹や木の根っこで硬く、掘るのもなかなか一苦労あせあせ(飛び散る汗)

takenokohori_500.jpg

根元が見えてきたら、下からざっくりと切って収穫します。

shukaku_500.jpg

立派なタケノコが採れました揺れるハート

皆で掘って沢山のタケノコを収穫しました。

shukaku3_500.jpg

中にはこんな大きなものもexclamation

bigtakenoko_500.jpg

タケノコは成長がとても速く、朝ちょっと土から顔を出ていたものも、
午後にはすっかり大きくな
っているんだとか。

そして今回も野草を摘んで来ましたるんるん
今回摘んだ野草は・・

ふき

fuki_500.jpg


セリ

seri_500.jpg


三つ葉

mitsuba_500.jpg


ウシハコベ

ushihakobe_500.jpg


日本タンポポ

nihon-tanpopo_500.jpg


ワラビ

warabi_500.jpg


ノビル

nobiru_500.jpg


こんなに沢山の種類の野草が採れました揺れるハート

こちらは店に帰り、採れたてのもので作ったこの日の夜ごはんセットですぴかぴか(新しい)
takenoko-bangohan_500.jpg


今週はタケノコ&野草づくし。
皆さん是非食べにいらしてくださいねわーい(嬉しい顔)

posted by w-baachan at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

豆腐料理教室の参加者の方より、感想レポートが届きました

先日行われた「豆腐料理教室」に、ご参加頂いた2名の方より、感想レポートを送って頂きましたひらめき
お豆腐をつくってみた感想や、てづくりのお豆腐の味、教室の様子を伺っています。ぜひご覧くださいわーい(嬉しい顔)


豆腐の海水を煮詰めて、「にがりから作る豆腐教室」なんて!。なんて楽しい!「塩」と「にがり」は、煮詰めかたの違いだけ、だなんて、微妙な関係を初めて知ることに。豆腐作りの方法は、「豆乳」に「にがり」をいれてかき混ぜて固めるだけであまりに単純なのに、にがすぎたり、柔らかすぎたり、繊細でむずかしいこと! シンプルだけど、その繊細さに発見することばかりの豆腐教室でした。 せっかく教えて頂いたけど、私は「毎日こんなにおいしいお豆腐を丁寧に作って下さって、ほんとにほんとにありがとう!!」とお豆腐屋さんに何度も頭を下げながら、お店で買って頂くことにします! 丁寧に教えて頂いた先生に感謝!料理教室の後のお豆腐尽くしの御膳をつくっていただいた、おむすび茶屋のスタッフにも大感謝です。いつもありがとうございます。 また楽しくて発見に満ちている「自給自足・料理教室」に参加させてください。
(M.Kさん)


豆腐作りの極意   豆腐の作り方は、「豆乳ににがりを入れる」と言う、ごく単純の作業でありま したが、実際にやってみると、単純が故に「奥が深い」ということを実感しま した。というのは、各グループごとに作った豆腐の味、感触が、全く同じ分量 で作ったにも関わらず、全部明らかに違っていたからです。豆乳の温度、にが りの入れ方、混ぜ方等によってあんなにも違うとは驚きました。 また海水からの塩作りも興味深かったです。時間と共にミネラルの結晶が変化 して出てくる様は、まるで理科の実験のようで面白かったです。塩もどのくら い煮詰めるかによって味が変わります。にがりもしかり。味比べをしてみると、 塩もにがりも作り方に寄って、全く味が違っていました。  蓬さんの大豆製品の種類や作り方などの話もとてもわかりやすく、参考になり ました。その中で改めて思ったことがありました。私は以前から消泡剤の入っ た豆腐は食さないようにしていたのですが、話を聞いて、やはり消泡剤の入っ た豆腐は恐ろしいと思いました。 安全なのは、やはり手作り。そして手作りはなによりおいしい! 自分たちで 作った豆腐を口に入れた時は、なんともいえない幸せな気分が口の中に広がり ました。お豆腐の柔らかさとほのかな温かさに、ほわっととろけそうになりま した。まわりの皆も笑顔と感嘆の声!そんな姿を見て、またまた自分も幸せ気 分! 沢山のお豆腐と大豆製品の食事会は本当においしくて、楽しいひととき でした。 こんなステキな企画と出合いに、本当に感謝です。 これでベジタリアンで手作り大好きな私の、週末の楽しみが増えました。家で は大豆から作る、豆腐作りに是非挑戦してみたいと思っています。  改めまして、貴重で楽しい企画をありがとうございました。
(T.Mさん)


感想レポートありがとうございました揺れるハート

豆腐料理教室のスタッフブログはコチラ

自給自足教室の詳細はコチラをご覧ください

posted by w-baachan at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

田んぼの生きもの調査紀行A

こんにちは。台所のスタッフの増田です。
今回は新潟の佐渡島へ、生きもの調査に行って来ましたグッド(上向き矢印)
トキの田んぼを守る会の農家さんの田んぼ、五つを調査しました。


tannbo_500.jpg

冬の間水を張っている田んぼには、色々な生き物が集まり、土を耕してくれます。
田んぼの履歴や環境よって、住んでる生き物の種類や数は違ってきます。

chosachu_500.jpg

今回見つけた生き物たち。
土には蜘蛛にヒル、ドジョウにミジンコ、イトミミズやタニシ。
空にはトビ、ムクドリ、ノスリ、そしてトキの姿も見ることができましたぴかぴか(新しい)

中にはザリガニがいる田んぼも・・・。

zarigani_500.jpg

子供に人気のザリガニですが、もともと外国から入ってきた生き物で、田んぼにとっては、土の中の生き物や田んぼを荒らす厄介者ですふらふら



そしてカエルや魚の卵もありました。

こちらはヤマアカガエルの卵

akahikigaeru_500.jpg


サンショウウオの卵は、赤ちゃんが泳いでいる様子が外からも分かります。

sanshouo_500.jpg

一番多い田んぼでは、なんと120個ものヤマアカガエルの卵がありましたexclamation×2


次回の佐渡の生き物調査は6月。そのころにはこの卵たちがかえって、
沢山の蛙たちに会えることでしょうわーい(嬉しい顔)

生き物調査隊は、メダカのがっこうで随時募集しております。
ご興味のある方はコチラ


そして今回は自然あふれる佐渡で、野草採りもして来ましたるんるん

yasotori_500.jpg

フキノトウ、ノビル、カンゾウ、からし菜。
それに、つくしも沢山採れましたかわいい

fukinoto_500.jpg


tsukushi_500.jpg



採れた野草はお店に持ち帰り、和えものや天ぷら、佃煮と美味しくお料理してお出しします。
皆さま、ぜひ食べにいらしてくださいね揺れるハート


posted by w-baachan at 23:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

3/10の出汁取り教室のご報告

今月も台所に鰹節問屋タイコウの稲葉さんをお招きして、出汁取り教室が行われました。今回の参加者は5名。
皆さんお一人で参加された方が多いなか、和気あいあい、お互い情報交換をされたりと、とても楽しい出汁取り教室でしたるんるん

shugou_500.jpg


ご参加頂いたお客様より、コメントを頂きましたのでご紹介しますひらめき

初めて鰹を削りましたが、最初は体に力が入っていたのか思うようにできず、すごく削ったつもりが、ちょっぴりの量しか削れておらず・・・・、稲葉先生がコツを丁寧に教えてくださり、先生の鶴の一声でだんだんと出来るようになり、シャッシャッとリズムよく鰹が削れる音が快感でした。

出汁の味比べでは、違いがはっきりと分かり驚きました。私が気に入った出汁はうまみが体に浸透していく感じがしてゴクゴクと飲みたくなりました。
正直、人生でこんなに真剣に出汁の取り方に向き合ったことはなかったですが、鰹節や昆布を作っていらっしゃる方の事や、食に関心を持てば知識や選択肢も広がるのだなと、実感することが出来た教室で参加して本当に良かったです。

出汁取りの後に頂いたご飯はとても美味しかったです。なかでも、パン粉の代わりに鰹節を使っての揚げ物やコメ粉で作ったおやきは独特の食感で、また食べたいです。

アットホームな雰囲気ですので、一人での参加も全く問題ありませんでした。
参加された方々とも楽しくおしゃべりしながら、笑顔がいっぱいの出汁取り教室でした。
台所の皆様、ありがとうございました。


わーい(嬉しい顔)ご参加頂いたK.Sさん、ありがとうございました!


こちらは今回お出しした台所特製ぴかぴか(新しい)鰹節料理です。

ryori_500.jpg



次回の出汁取り教室は4/14(水)です。
皆さまのご参加を、お待ちしておりますひらめき
posted by w-baachan at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

宇都宮から野草が届きました

いつもお店に美味しい野菜を送ってくださる宇都宮の農家さん、手塚さんのところから、昨日野草が届きましたかわいい

P3080106.jpg

ノビルにカンゾウ、フキノトウるんるん

春は冬の間に体に溜まった毒素が出る時期。
あたたかくなってくると、なんだか体がだるく感じますよね。
これからの時期、生命力ある野草を食べて
自然のパワーを頂きましょうぴかぴか(新しい)
posted by w-baachan at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

出汁取り教室より参加者報告

先日行われた「タイコウさんの出汁取り教室」の参加者の方から、感想文を送って頂きました。
出汁取り教室は毎月一回開催していきます。ぜひ皆様ご参加ください♪


料理好きの夫と2名で参加させていただきました。普段からだしは必ず自分たちで取る様にはしていましたが、さすがに削るところからは面倒くさい…と思っていました。しかし今回の教室で削りたての鰹節(といっても、良質の素材・旨味を殺さない保存方法・作り手のこだわりが3拍子揃ったものに限るそうですが)の味わいに改めて感動!昆布との合わせだしにすると更に旨味がぐ〜んと増し、他の調味料いらずです。実際に削ってみるとコツを掴むまでは根気が必要ですが、毎日削っているうちにいつしかお味噌汁用のお湯をわかしている間に削れてしまうようになるとか!価格的にも一本購入すれば実は袋ものよりずっと経済的だというのも目から鱗。先生のお人柄も魅力的で、終始楽しく和やかにためになるお話をたくさん聞くことができました。授業の後半ではおいしいお米と鰹節をふんだんに使った食事がいただけるのも魅力的♪(中でもこの日自分たちで削った鰹節をゴマと少量の醤油で和えたシンプルなおかかふりかけは、ご飯が何杯でもイケてしまう格別の美味しさでした) 大好きな「だし」の世界の奥深さにまた一歩踏み込むことができ、大満足です。夏のめんつゆ教室も楽しみです。

ご参加者Mさん

ご感想ありがとうございました!
posted by w-baachan at 06:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイコウさんの出汁取り教室を開催しました

2/17に築地の鰹節問屋タイコウの稲葉社長をお招きして、出汁取り教室が開催されました。今までは昼の部、おむすび茶屋で開催されていた教室ですが、今月より内容を更に充実させて、台所で行って参ります。
早速、先週行われた初回の様子をご報告致しまするんるん

まずは鰹節のお話から。

P2170002.JPG

鰹節の鰹は巻き網漁で捕れたものが今は主流ですが、タイコウさんは一本釣りの鰹を使っています。
巻き網漁で捕った鰹は網の中で暴れて苦しんだ結果、体が高温になり肉が劣化して乳酸が出るそうです。だからその鰹を使って作った出汁も、酸味と臭みのあるものになってしまうんだとか!


皆で鰹節を削ってみます。

P2170003.JPG


いよいよ削った出汁で出汁取りです!

P2170011.JPG

昆布で出汁をとったところに鰹節を入れます。
昆布が鰹の旨味を一層引き出すそうですひらめき



そして皆でお食事です。

かつお出汁のおすましと併せて、鰹節づくしのお料理をご用意させて頂きました♪
今回お出ししたメニューです↓

三連.jpg

三種盛り(かつお出汁の煮物、ちぢみほうれん草のおかか和え、鰹節ディップ)鰹節コロッケ.JPG

鰹節コロッケ

そしてホカホカご飯と鰹節のふりかけをお出ししました!


食事の間も質問や疑問にお答えする稲葉社長。

P2170014.JPG

その他、数種類の鰹節を使った「出汁比べ」があったりと、かなり盛り沢山の内容の教室となりました。


出汁取り教室は今後も毎月行って参ります。(次回の開催日は3/10です)
皆様ぜひご参加ください。

参加者の方からの感想はコチラ
posted by w-baachan at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

ひのきの飯台を頂きました!

先日の土曜日に貸し切りで台所をご利用頂いた、檜を専門的に扱う建築会社の方から
ぴかぴか(新しい)檜の飯台ぴかぴか(新しい)を頂きました。
中が丸く削られていて、ご飯を入れる他に、うどんなど粉物を捏ねるのにも使えるようになっています。
ひとつは漆塗りが施されていて、どちらも木目がとても美しく、飯台を前にスタッフ皆で思わずうっとり黒ハート
また飯台から香る檜の香りが、とても心地良いのです。
やはり日本の木と、その木を使って作る日本の伝統技術は素晴らしいなあと改めて感じました。
素晴らしい品物をありがとうございました。お店で大事に使わせて頂きます。

台所にご来店されるお客様、
こちらの飯台が登場するのをどうぞお楽しみに!

C8D3C2E6.jpg
posted by w-baachan at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

年内の営業を終えて

先日無事に年内の営業を終了することができました。
9月に台所がオープンし、あっという間の数カ月でした。
お店にお越し頂いた皆様、ホームページをご覧頂いている皆様、
ありがとうございました揺れるハート
来年もいのちの力あふれるお料理をお伝えしていけるように
スタッフ一同精進してまいります!
来年もどうぞ宜しくお願い致します晴れ
posted by w-baachan at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。