2010年12月10日

メダカのがっこう交流会に行ってきました!

毎年恒例のメダカのがっこう交流会が
今年も清澄庭園で行われました晴れ
お店で使わせて頂いているお米や野菜、お塩などを
作って下さっているメダカのはなまる農家・生産者の
方々が一同に集まりましたるんるん
また今年も若杉ばあちゃんの講演もあり「身体を立て直す
正しい食」について、ばあちゃんのパワー溢れるお話を
聞くことができました。
(来年は若杉ばあちゃんセミナー(全3回)が開催されます。)
 ★詳しいご案内はコチラ

そしてもちろんこの日のランチは、元氣な田んぼで育ったお米、
安全で美味しい野菜、本物のお塩を使ったお料理ですグッド(上向き矢印)
こちらが今回作ったお料理でするんるん

画像 006.jpg

画像 007.jpg

画像 008.jpg

画像 005.jpg

画像 004.jpg

画像 003.jpg

画像 001.jpg

画像 009.jpg

普段お会いできない農家さんや生産者の方々にお会いでき、
お話することができて嬉しかったです揺れるハート

元氣で美味しいお米、野菜、調味料で作ったお料理を
ぜひお店で沢山の方に食べて頂きたいと思いますわーい(嬉しい顔)

posted by w-baachan at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出汁取り教室の感想文が届きました♪

11月の出汁取り教室にご参加頂いた方から
感想レポートが届きましたので、ご紹介致しますひらめき

11月の『出汁取り教室』に娘と参加しました。
8月は主人と伺いましたので、私は2度目の参加。
今回も『鰹節削り器』を持参しました。
8月に削り方を教えて頂き分かったつもりでしたが、家では粉になってしまいます。
今回は分からなかった所をお聞きしたので、やっと少しコツが分かった気がし、
稲葉さんの『削り器』を使った時はスイスイと大きく削れ、粉ばかりだった私の『削り器』も
刃を調整して頂き大きく削れる様になり嬉しくなりました。
稲葉さんに『刃を研ぎに出した方が良い』と指摘を受け、家で削りながら、
やはり刃を研ぎに出さなくてはと感じています。
丁度小松正之著『日本の食卓から魚が消える日』を読んでいる時でしたので、
鰹の水揚げのお話等興味深く聞く事が出来ました。
そして他社の削り節との出汁の『味比べ』を経験し、
タイコウさんの出汁は後味も爽やかで、飲むと体中が幸わせになるようで
何杯もおかわりしてしまいました。
おむすび茶屋さんの『鰹節づくし』のお料理はアイディア、
味とも素晴らしく美味しく頂きました。
おみやげの出汁を取った鰹節で作った『ふりかけ』もとても美味しく、
早速我家でも作って楽しんで居ります。
自己流で鰹節を削っている長男が6月半ば過ぎに夏休みに帰って来ますので、
『出汁取り教室』と時間が合えば是非参加したいと申しております。
タイコウの稲葉様、おむすび茶屋のスタッフの皆様、有り難うございました。(E.U.)


感想文をお送り頂いたE.Uさんありがとうございましたexclamation
次回の出汁取り教室は2月16日(水)開催です。★詳しくはコチラ
来年からは新しくステップアップコースが開講される予定です。
来年も沢山の方のご参加をお待ちしておりますわーい(嬉しい顔)

posted by w-baachan at 00:45| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

こんにゃくづくり教室@たまゆら草苑

皆さんこんにちは。台所スタッフ増田です晴れ
今回はこんにゃくづくり教室のご報告を致しますグッド(上向き矢印)
講師にお願いしたのは、いつも美味しいお野菜を店に
送って下さっているたまゆら草苑の豊口さんですぴかぴか(新しい)
無農薬、化学肥料を使わない野菜づくりから、その野菜を
つかった体にやさしいお菓子づくりまで、何でもこなす
スーパー農家豊口さんにお会いできるとあって、スタッフ皆で
この日をとても楽しみにしていましたるんるん

こちらが会場となった「たまゆら草苑」

たまゆら草苑.jpg

玄関先にあった高きびや稲を使った手作りの飾りが
とても可愛くて、到着早々、女性陣からは歓声があがります。

玄関飾り.jpg


素敵なご自宅に上がらせてもらい、早速こんにゃくづくりが
始まりました。
まずは豊口さんからこんにゃく芋を見せていただきました。

こんにゃく教室スタート.jpg



芋種を植えて3〜4年目が食べごろだそうです。
写真は左から1年目、2年目、3年目のお芋

こんにゃく芋.jpg

はじめに芋の皮をむき、すりおろします。

こんにゃくすりおろし.jpg

すりおろしたものを茹でて、水に漬けます。
浮いてきた上澄みを取り、一気に火にかけて、
こんにゃくを練り上げていきます。

こんにゃく練る.jpg

ある程度の堅さになったら、石灰を加え、更に練り上げます。
かたに入れラップで密閉し、しばらく置いて固めます。

こんにゃく固め.jpg

固まったものを適当な大きさに切って、茹で上げます。
最後に水にさらしてえぐみをとったら、出来上がりですひらめき

こんにゃく仕上げ茹で.jpg

こんにゃく芋100パーセントのこんにゃくは、透き通っていて
とても綺麗です揺れるハート


皆でこんにゃくを作った後は、豊口さんが用意してくださった
手作りこんにゃくを使ったお昼ご飯を皆で頂きました〜

こんにゃくランチ.jpg

美味しいお野菜をふんだんに使ったお料理はどれもとっても
美味しかったですかわいい

食事の後は畑の見学もさせて頂きました。

みんなで畑へ.jpg

多品目作っていると豊口さんの畑は本当に
色々な野菜が育っていました。

水菜

水菜.jpg

ルッコラ

ルッコラ.jpg

その場で摘んで食べさせてもらうと、みずみずしくて甘くて
ほんとに美味しくて、皆とても感動していました。

ルッコラ畑で食べる.jpg

こちらは人参

人参畑.jpg

肥料をまったくあげなくても、葉が綺麗に青々としています。

薬品を使わない豊口さんの畑では生きものが沢山生息していて、
畑の土がとても元氣でした。虫が沢山いても野菜は虫食まれることなく
元氣に育っているのは、野菜を食べ荒らす虫がいてもその虫を
食べる虫もいて、上手に循環しているからと、豊口さんは話していました。

今回はこんにゃくづくりもさる事ながら、スーパー農家の豊口さんに
いろいろなお話を伺い、野菜が育っている畑を見学させてもらい、
とても充実した一日でした。
豊口さん、たまゆら草苑の皆様ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

元氣で美味しい豊口さんのお野菜、皆さんも是非
お店に食べにいらしてくださいるんるん






posted by w-baachan at 16:02| Comment(0) | 自給自足くらぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

10月のメニューより、お料理&レシピのご紹介♪

10月は発酵パワーで元気になるメニュー!



今月は日本の伝統調味料「さしすせそ」をテーマに、酒粕や麹も使った発酵食をお出しします。
自然の発酵パワーで元気になりましょう〜♪




■じゃが芋と人参の酒粕炒め


101004recipe.jpg

(2010/10/4)
【材料】じゃが芋、人参、酒粕、出汁、醤油、塩、胡椒



≪作り方≫
@じゃが芋、人参をサイコロ状に切る。
A酒粕は出汁でといておく。
Bフライパンに油をひき、野菜を炒めてAを加える。醤油、塩、胡椒で味を整える。



かわいいばあちゃんより・・・
酒粕でクリーミーさを出した一品。
チーズのような濃厚さが加わり、おつまみにもなるよ。





posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

出汁取り教室の感想レポートが届きました♪

10月に行われた出汁取り教室の参加者の方より、
感想レポートが届きましたので、ご紹介しますひらめき


『和洋中に限らず、どの料理にも言える基本は「出汁」「スープ」。
そう教わっていたので、日常的に昆布鰹だしは作っていましたが、結局味がモノ足りず、調味料を加えたり、「体にいい物=味が薄いもの」と勝手に考えていました。。
しかし、タイコウさんのお話を聞いて、終始うなずきっぱなし。どうりで美味しい出汁ができないわけです(内容はお教室で!)

この講座はかつおの出汁を飲み比べる良いチャンスだと思います。なかなかこんな機会ないです。
今回は4種類、(@自分で削った鰹節A袋詰めのかつお節2種、Bスーパーで売られてる鰹節、)いろんなお味を比べることができたのがよりいっそう理解を深めることができました。
タブーと言われている、かつおぶしをギュウギュウ絞ること。でも、本当に良い鰹なら最後の一滴まで(一滴ほど)
うまみが凝縮されている。これも実際に味を確かめさせていただき、納得。
やっぱり、一本釣りされた良い鰹を使った、削り立ての鰹節は、最高でした!
これに調味料足すなんて、もったいない!

そして、削り器が欲しくなります。。タイコウさん曰く「最初から衝動買いしないほうがいいよ」と。
そうですね、「削るのはちょっと自信ない・・」というかたは、まずは、良い品質の鰹けずり節から、ぜひ試して欲しい。スーパーで売っている鰹節との違いは歴然です。

家に帰って復習を・・と、たいこうさんがご用意してくれた説明用紙を取り出して、びっくり。
なんと、紙にまで鰹の残り香が染みついてます。。
恐るべし、鰹パワー!!

もっとも印象的だったタイコウさんのお言葉
「素材を超える加工方法はない」
素材が命。どんな神業の持ち主でも、素材が悪ければ良い出汁はできない。
同じ手間暇かけて作るなら、圧倒的に美味しいおだしのほうがいいですよね。体にも、心にも。
お教室の後、かつおを使った料理を堪能。かつおぶしを使ったコロッケ、かつおのふりかけ・・
皆で悲鳴に似た歓声をあげながら食べました。美味しかった!タイコウさんも「その声、録音しときたいな」とおっしゃっていました(笑)予定時間をかなりオーバーして終了。
ペットボトルに詰めて持ち帰った出汁を使って、茶わん蒸しを作るのが楽しみ。だし巻き卵もいいかな?

日本が誇るべきかつおぶし、一人での多くのかたに味わってほしいと強く思いました。
タイコウさん、ありがとうございました!』


わーい(嬉しい顔)レポートをお送り頂きましたI.Eさん、ありがとうございました!

◎次回の出汁取り教室の開催予定は、11/17(水)19:00−21:30です。
お申し込みは、お電話、FAX、メール、店頭、メダカのがっこうオンラインショップ
にて承ります。
■TEL・FAX:03-3295-2060
■メール:baachan-daidokoro@hotmail.com
たくさんの方のご参加をお待ちしております。
posted by w-baachan at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

秋の野草料理教室が行われました♪

先日、台所では年に三回ある野草料理教室が行われましたひらめき
今回は秋ということで、マコモを使ったお料理を
若杉ばあちゃんに教えてもらいました。
今年は夏の猛暑の影響でマコモの成長が例年よりも遅く、
数も去年の3分の1しかできなかったそうです。
環境の変化は野菜だけでなく野草にも影響を及ぼして
います。春に野草を料理したときも、そんなにアクを
感じないはずの野草が、いつもよりとても苦くて、
「野草がおかしい」と若杉ばあちゃんが言っていました。
「環境が狂って地球が悲鳴を上げているんや」と
ばあちゃんは言います。環境破壊を悔いとめるためにも
一人一人ができることを、すぐにでもしていかなければ
と思います。農薬・化学肥料を使わない農家さんを
応援することもそのひとつです。

さて今回の料理教室も若杉ばあちゃんの陰陽を用いた
料理法に野草の話を聞き、皆で協力しながら
6品もの料理を作ります。

画像 start.jpg

土鍋と鉄のフライパ
ンを使って、どれも手際よく
どんどん料理を作っていきます。
「料理は段取りが良ければ、何品でもできるよ」と
ばあちゃんは言います。

画像 cooking2.jpg


そして今回完成した料理はこちらぴかぴか(新しい)

画像 kansei.jpg

左上から、マコモのしぐれ味噌、マコモのうなぎもどき、マコモの南蛮漬、
マコモの辛子和え、マコモとたかきびのハンバーグ、マコモと里芋の味噌汁


今回は全てマコモづくし!筍に似た食感で甘みがあるマコモは
どのお料理にもぴったりで、どれも美味しく頂きました〜揺れるハート

今回も野草と若杉ばあちゃんにパワーをもらって、
とても楽しい教室でしたわーい(嬉しい顔)

posted by w-baachan at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

稲刈りに行ってきました♪

皆さんこんにちは。台所スタッフの増田です。
先日の日曜日に栃木県茂木市のメダカのがっこうの田んぼで
稲刈りをしてきました。
台風の影響で予定していた日から延期に延期を重ね、
迎えた日は秋晴れで、とても気持ちの良い天気に恵まれました晴れ

ハッチョウトンボ_500.jpg

台風で稲が倒れてしまっていましたが、稲はしっかり
実ってくれていましたぴかぴか(新しい)

稲穂_500.jpg


稲の刈り方、束ね方のレクチャーを受け、いざ稲刈り開始ですexclamation

レクチャー_500.jpg

泥のぬかるみに足を取られ、倒れた稲を起こしながらの作業は
なかなか大変でしたが、皆で綺麗に刈り取りました手(チョキ)

刈り採り_500.jpg

刈った稲は、はざかけ(天日干し)をするため、束にして
わらでしっかり結びます。これがなかなか難しい〜

staff_500.jpg

束ねた稲を逆さまにして、干していきます目

P9260766.JPG

はざかけを終えた田んぼぴかぴか(新しい)
太陽と風の力で乾燥させたお米は、自然の力がつまって
美味しいお米になります揺れるハート
できあがりが楽しみでするんるん

出来上がり_500.jpg
posted by w-baachan at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月のメニューより、お料理&レシピのご紹介♪

9月は夏バテ防止のねばねば野菜メニュー!



おくらに長芋、モロヘイヤ。
ねばねば成分が体の消化器の粘膜を保護し、 夏バテで疲れた体を保護してくれます。
引き続き、食欲そそる薬味を使ったお料理もお出ししていきます。




■地豆のかき揚げがサクッと香ばしい一皿♪


100904menu.jpg

(2010/9/4)



≪メニュー内容≫
上から時計回りに・・・

茄子とトマトのニンニク炒め
人参と小松菜、板麩の炒り豆腐
玉葱のもろみソースのせ
地豆のかき揚げ
きゅうりの雷漬け



かわいいばあちゃんより・・・
地豆、貝豆のかき揚げが香ばしくて、蒸し玉葱は美味しく発酵したもろみソースがとっても良く合う一品。




■彩り野菜のゴーヤチャンプル


100914recipe.jpg

(2010/9/14)
【材料】ゴーヤ、ニンジン、ピーマン、コーン、玄米ビーフン、菜種油、生姜汁、醤油、酒



≪作り方≫
@ゴーヤは種を取り除き薄切り、ニンジンは拍子切り、ピーマンは細切りりにし、コーンは実を芯からはがしておく。
A玄米はお湯でもどでし、生姜はすりおろしておく。
B熱したフライパンに油をひき、野菜を炒めてから、玄米ビーフンを加え、
酒を回し入れる。
C醤油で味つけをし、最後に生姜を加える。



かわいいばあちゃんより・・・
玄米ビーフンでボリューム満点!
ゴーヤ、ニンジン、コーンの彩りもいいね。
ご飯がすすむ一皿だよ。




■ひしお味噌、豆腐の味噌漬け、発酵が美味しい一皿


100928menu.jpg

(2010/9/28)



≪メニュー内容≫
上から時計回りに・・・
小豆かぼちゃ、長芋のグリルのひしお味噌がけ、花豆の甘煮、 野菜の甘酢漬け、豆腐の味噌漬け



かわいいばあちゃんより・・・
ひしお味噌や豆腐の味噌漬けは、時間を置くと発酵して 旨味が更にアップするんだよ!




■ひじきをたっぷり使ったさっぱりサラダ


100928recipe.jpg

(2010/9/28)
【材料】ひじき、きゅうり、コーン、白胡麻、醤油、胡麻油、酢



≪作り方≫
@ひじきは水で洗って戻してから、沸騰したお湯で軽く茹でておく。
Aきゅうりは千切りをして塩を振り、しばらく置いて水気を絞っておく。
B醤油、ゴマ油、酢を混ぜてドレッシングをつくる。
C材料と和えて仕上げに白胡麻をふる。



かわいいばあちゃんより・・・
ひじきは煮物以外でサラダにしても美味しく食べられるよ。
きゅうりとコーン、仕上げに白胡麻も加えて、食感も楽しい栄養満点サラダだね♪





posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

8月のメニューより、お料理&レシピのご紹介♪

8月は薬味を使ったお料理!



生姜、茗荷、紫蘇、ネギなど薬味には、食欲増進の他、殺菌作用で食中毒の予防の効果があります。
薬味をたっぷり使ったお料理で暑い夏を元氣に乗り切りましょう!




■本日のごちそうコース


100809menu.jpg

(2010/8/9)



≪メニュー内容≫
■一の皿
イヌビユの磯辺和え
アシタバの胡麻和え
冬瓜の煮付け
茄子のこんねり(→レシピはこちら
ジャガイモとインゲンの味噌炒め

■二の皿
味噌
おかひじきの梅和え
切り干し大根のはりはり漬け

■主皿
地豆のハンバーグ(高きびソースかけ)

■甘味
みかんゼリー




■ピーマンと花にら、大豆タンパクのチンジャオロース


100813recipe.jpg

(2010/8/13)
【材料】ピーマン、花にら、大豆タンパク、にんにく、生姜、醤油、酒、菜種油



≪作り方≫
@ピーマンを千切り、花にらは一口大に切る
A大豆タンパクは水でもどし、すりおろした生姜とにんにく、醤油で下味をつけておく。
B熱したフライパンに菜種油をひき、ピーマン花にら、大豆タンパクの順に炒め、醤油、酒で味を整える。
C最後に生姜の千切りを加えて軽く炒めたら出来上がり。



かわいいばあちゃんより・・・
野菜をたっぷり使った中華風の炒めもの!
ご飯がすすむ大豆タンパク入りのチンジャオロースだよ♪





posted by w-baachan at 00:00| Comment(0) | レシピ集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

8月の出汁取り教室のご報告

7・8月と蕎麦つゆ講座が入ったぴかぴか(新しい)スペシャル版タイコウさんの出汁取り教室ぴかぴか(新しい)
今回も鰹節の上手な削り方に、美味しい出汁の取り方に加えて、秘伝の蕎麦つゆづくりを教えて頂きましたるんるん

ご参加頂いた方より感想レポートが届いていますので、
そちらをご紹介いたしますかわいい


タイコウさんの講座にはじめて参加しました。というのも、今回はめんつゆの作り方講座だったからです。普段、家ではあまり動物性の食事をいただかないのですが、やっぱりめんつゆは鰹だしのきいたものでないと!ということで、楽しみにしていました。鰹節削りは子供の頃に父親と一緒に削って以来で、こつをつかむのが難しかったですが、参加されているみなさんと一緒にできて楽しかったです。お勧めのおそばも、だしとかえしをねかして程よく熟成しためんつゆも、若杉ばあちゃんの台所特性のおむすびやお惣菜もすべて美味しくいただきました。ありがとうございました。
(K.Kさん)


タイコウさんの「鰹節道」に直に接することが出来て、本当に良かったです。もののとらえ方考え方、すべてにおいて学ばせて頂きました。出汁の取り方という技術的な側面を超えて、物事の表面に流されるのではなく、その奥をとらえて軸のある生き方をしたいと改めて腹を据え直させて頂いているような奥深い講義でした。

私はこれまでは雑然としていて、やれめんつゆだ、○○の出汁だ、△△のタレだ、と際限なく広がっていたのですが、原点に戻れば、シンプルに、良いかつおと良い昆布といった良い素材さえあれば、何でもそこから自分で広げていけるのですね。これを本当の自由というと思いました。

今日教えて頂いたことを、聞いて終わりではなく、実際に自分の手足を使って家でやってみたいと思います。そうすることで、真に自分のものにすることが出来るのだと思います。素晴らしい「道」へのいざないをありがとうございました。上級編の開講も是非よろしくお願いします。
(H.Mさん)


レポートをお送り頂いたK.KさんとH.Mさん ありがとうございました揺れるハート

来月も引き続き、出汁取り教室は行ってまいります。
(9月の日程も決まり次第お知らせ致します)

皆さまのご参加をお持ちしておりますわーい(嬉しい顔)
posted by w-baachan at 23:11| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。